「や」の検索結果

検索キーワード
  • 873 件中 61 - 70 件目の10件を表示しています。

61. 四字熟語の訓読 - 平明四字熟語辞典
くせきこうなし)羊裘釣を垂る(ようきゅうちょうをたる)羊質にして虎皮す(ようしつにしてこひす)世を経め民を済う(よをおさめたみをすくう)竜を描いて睛を点ず(りゅうをえがいてひとみをてんず)累卵の危う
http://yojijyukugo.com/kundoku/index2.html
62. 消化不良 - 平明四字熟語辞典
腸のはたらきが悪くて、食べ物をうまく消化できないこと。転じて、知識技術などを充分に理解していないため、自分のものにできていないことのたとえ。【注釈】「消化」とは、胃腸の中で食物を分解し、吸収する
http://yojijyukugo.com/si/yj09455.html
63. 「家」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典
四字熟語検索ホーム > 単漢字別四字熟語索引 > 10画 >家「家」を含む四字熟語一覧家†1家鶏野雉(かけいち)家〓野雉(かけいち) ⇒ 家鶏野雉(かけいち)自家撞着(じかどうじゃく) ⇒ 自家撞着(じかどう
http://yojijyukugo.com/tankan/10/E5AEB6.html
64. 内憂外患 - 平明四字熟語辞典
【注釈】「内憂」とは国内に生じる心配事、「外患」とは国際上の災い心配事。転じて、家庭内組織内で生じる心配事も外から受けるっかいな問題も、どちらも山積みになっているという意で使われる。【故事】†【
http://yojijyukugo.com/na/yj06931.html
65. 隠忍自重 - 平明四字熟語辞典
苦しみなどをじっと耐え、軽率な行動をとらないこと。【注釈】「隠忍」とは、辛いこと怒り苦しみなどをじっと耐え忍ぶこと。「自重」とは、自分を大切にする意から転じて、自分の行いを慎むこと。【故事】†【
http://yojijyukugo.com/i/yj00774.html
66. 「ち」から始まる四字熟語の漢検級一覧 - 平明四字熟語辞典
のいん)〈準1級〉 長夜之楽(ちょうのたのしみ)〈5級〉 朝有紅顔(ちょうゆうこうがん)〈準1級〉 長幼之序(ちょうようのじょ)〈準1級〉 朝蠅暮蚊(ちょうようぼぶん)〈準1級〉 重卵之危(ちょうらんのき)
http://yojijyukugo.com/kanken/ti/index3.html
67. 正当防衛 - 平明四字熟語辞典
むをえず相手に害を与える行為のこと。【注釈】「正当」とは、道理に合っているの意。「防衛」とは、防いで守ること。相手からの不当な侵略により、自分他人の人権を守るためにむをえず取る加害行為であり、法
http://yojijyukugo.com/se/yj05167.html
68. 斎戒沐浴 - 平明四字熟語辞典
神聖な儀式の前に飲食行動を慎み、水を浴びて身を清めること。【注釈】「斎戒」とは、物忌みをすること。飲食行動を慎み、汚れに触れないようにすること。「沐浴」とは、髪と体を洗い身を清めること。神をまつ
http://yojijyukugo.com/sa/yj03588.html
69. 遮二無二 - 平明四字熟語辞典
みに。たらと。【注釈】「遮二」は二を断ち切る、「無二」は二が無いこと。「二」は次の意。ただし、当て字とする説もある。【故事】†【出典】†【注意】遮二無二は「がむしゃらに」「むみに」という意味の
http://yojijyukugo.com/si/yj04238.html
70. 閑話休題 - 平明四字熟語辞典
話が横道にそれたのを元に戻したり、無駄話はめて話を本筋に戻したりするときに使うことば。【注釈】「閑話」は、暇にまかせてする無駄話の意。「休題」とは、話すことをめること。また、話を転じること。『水滸
http://yojijyukugo.com/ka/yj01878.html
<<前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ>>