「や」の検索結果

検索キーワード
  • 871 件中 61 - 70 件目の10件を表示しています。

61. 春風駘蕩 - 平明四字熟語辞典
かなようす。転じて、人柄が温和でのんびりとしていること。【注釈】「駘蕩」とは、おだかなさま。のどかなさま。のびのびしているさま。ゆるかでのんびりとした春に吹く風の意から。【故事】†【出典】†【注
http://yojijyukugo.com/si/yj04468.html
62. 四字熟語の訓読 - 平明四字熟語辞典
くせきこうなし)羊裘釣を垂る(ようきゅうちょうをたる)羊質にして虎皮す(ようしつにしてこひす)世を経め民を済う(よをおさめたみをすくう)竜を描いて睛を点ず(りゅうをえがいてひとみをてんず)累卵の危う
http://yojijyukugo.com/kundoku/index2.html
63. 消化不良 - 平明四字熟語辞典
腸のはたらきが悪くて、食べ物をうまく消化できないこと。転じて、知識技術などを充分に理解していないため、自分のものにできていないことのたとえ。【注釈】「消化」とは、胃腸の中で食物を分解し、吸収する
http://yojijyukugo.com/si/yj09455.html
64. 内憂外患 - 平明四字熟語辞典
【注釈】「内憂」とは国内に生じる心配事、「外患」とは国際上の災い心配事。転じて、家庭内組織内で生じる心配事も外から受けるっかいな問題も、どちらも山積みになっているという意で使われる。【故事】†【
http://yojijyukugo.com/na/yj06931.html
65. 「目」を含む四字熟語一覧 - 平明四字熟語辞典
くじょ) ⇒ 面目躍如(めんもくくじょ)面目一新(めんもくいっしん)面目躍如(めんもくくじょ)目†1単漢字画数索引1画2画3画4画5画6画7画8画9画10画11画12画13画14画15画16画17画18画19画20画21画22画23画
http://yojijyukugo.com/tankan/05/E79BAE.html
66. 隠忍自重 - 平明四字熟語辞典
苦しみなどをじっと耐え、軽率な行動をとらないこと。【注釈】「隠忍」とは、辛いこと怒り苦しみなどをじっと耐え忍ぶこと。「自重」とは、自分を大切にする意から転じて、自分の行いを慎むこと。【故事】†【
http://yojijyukugo.com/i/yj00774.html
67. 遮二無二 - 平明四字熟語辞典
みに。たらと。【注釈】「遮二」は二を断ち切る、「無二」は二が無いこと。「二」は次の意。ただし、当て字とする説もある。【故事】†【出典】†【注意】遮二無二は「がむしゃらに」「むみに」という意味の
http://yojijyukugo.com/si/yj04238.html
68. 「ち」から始まる四字熟語の漢検級一覧 - 平明四字熟語辞典
のいん)〈準1級〉 長夜之楽(ちょうのたのしみ)〈5級〉 朝有紅顔(ちょうゆうこうがん)〈準1級〉 長幼之序(ちょうようのじょ)〈準1級〉 朝蠅暮蚊(ちょうようぼぶん)〈準1級〉 重卵之危(ちょうらんのき)
http://yojijyukugo.com/kanken/ti/index3.html
69. 正当防衛 - 平明四字熟語辞典
むをえず相手に害を与える行為のこと。【注釈】「正当」とは、道理に合っているの意。「防衛」とは、防いで守ること。相手からの不当な侵略により、自分他人の人権を守るためにむをえず取る加害行為であり、法
http://yojijyukugo.com/se/yj05167.html
70. 意馬心猿 - 平明四字熟語辞典
妄念のために心が乱れて落ち着かないことのたとえ。また、欲望心の乱れを抑えることができないことのたとえ。【注釈】「意」とは、心のこと。心が混乱している様子を、抑えきれない走り回る馬騒ぎ立てる猿にた
http://yojijyukugo.com/i/yj00674.html
<<前へ 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 次へ>>